韓国ドラマ

【Netflix】日本版が始まる前に押さえたい!「梨泰院クラス」5つの魅力

【Netflix】日本版が始まる前に押さえたい!「梨泰院クラス」5つの魅力
Pocket

Netflixオリジナル映画「浅草キッド」や「全裸監督」なども注目を集めましたが、世界的に見れば韓国コンテンツの方が人気のようです。例えば、近年の韓ドラ人気の火付け役となり、一大ムーブメントを巻き起こしたNetflixオリジナル韓国ドラマ「梨泰院クラス」です。

この大ヒットドラマが、若手俳優・竹内涼真主演でリメイクされることに決定しました。今回は、日本版リメイクで再び注目を集める「梨泰院クラス」の魅力に迫っていきます。

大人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」とは?

ドラマ「梨泰院クラス」は、大手外食企業「長屋(チャンガ)」のドラ息子を殴ってしまい高校を退学になった主人公のパク・セロイが、父を奪い人生をどん底に突き落とした「長屋」グループに対抗し、小さな居酒屋「タンバム」を経営しながら仲間とともに立ち向かう復讐劇です。

日本では2020年3月にNetflixで配信がスタートし、今までの韓ドラとは一線を画した面白さに熱い思いを語る芸能人たちも続出。絶望の淵に立たされた青年が正義と信念を貫き通す姿は、毎話視聴者の胸を熱くしました。

原作は韓国の作家チョ・グァンジンによる同名のWebコミックです。日本では漫画配信サービス「ピッコマ」にて、「六本木クラス」というタイトルで東京・六本木を舞台に日本人になじみのある表記にローカライズされて配信されています。日本版のドラマは、この「六本木クラス」の表記通りのリメイクとなります。

ここに注目!「梨泰院クラス」の5つの魅力

続きが気になって毎晩寝不足になる人が続出するといわれている「梨泰院クラス」。その魅力に迫っていきましょう。

①主人公、パク・セロイの人柄

正義感にあふれ、仲間を大切にする主人公のパク・セロイ。自分の信念を決して曲げず、ひたすら前を向き突き進む姿に勇気付けられます。どんなに理不尽な思いをしても、グッと拳を握りしめ耐える姿は心から応援したくなり、特徴的な髪型さえもカッコよく見えてきます。とりあえず、惚れます!

②思わず感情移入してしまう登場人物たち

セロイを取り巻く個性豊かな登場人物たちもまた魅力の一つです。経営する居酒屋「タンバム」の従業員たちがソシオパス、トランスジェンダー、元チンピラ、訳ありハーフと、クセのある人生を送っています。セロイに出会い、そのコンプレックスから這い上がろうとする姿に感情移入してしまうのです。

また、セロイの因縁の相手である「長屋」の長男・グンウォンの絵にかいたようなドラ息子ぶりや、宿敵の会長チャン・デヒの徹底した悪役ぶりさえも愛おしくなる描き方は秀逸で、ドラマチックな物語を盛り上げてくれます。

③気持ちが高揚する!痛快ビジネスストーリー

復讐のため、宿敵チャン・デヒの著書をひたすら読み込んで経営のイロハや相手の手腕を頭にたたきこみ、資産運用や力仕事でお金を貯めたセロイ。目的のために努力を惜しまない姿勢が胸を打ち、素人同然で始めた居酒屋が仲間の協力を得ながら徐々に繁盛していく姿が実に痛快です。お決まりのように邪魔をする敵の策略をどう乗り切るかという頭脳戦も見どころの一つで、韓ドラに縁のなかったサラリーマン世代をも虜にしました。

④最後まで分からない三角関係の行方

物語を盛り上げる絶妙な恋愛描写もまた、見どころの一つです。初恋相手だけれども敵側にいるオ・スアと、セロイに惚れ込み傍で支えるチョ・イソとの三角関係に毎回やきもきさせられます。「幸せにしてほしい」受け身なスアと「自分の手で幸せにしたい」行動派のイソ、見た目も生き方も正反対な2人のヒロインに翻弄されるセロイがどちらと結ばれるのか最後まで読めず、視聴者の間でもスア派かイソ派かで論争が繰り広げられました。

⑤スタイリッシュなファッションと音楽

若者を中心に人気のあるソウルのホットスポット「梨泰院」が舞台ということもあり、登場人物たちのファッションがかなりおしゃれです。様々な文化が入り混じる地域ゆえに自由度が高く、特にヒロインのチョ・イソが身にまとう服や髪型は真似をする人が続出しました。

また、音楽に関してもBTSのVが挿入歌を提供するなど注目度が高く、爽快感のある主題歌は聞くだけでテンションが上がります!

日本版リメイクにあたって

ここで、梨泰院クラス 日本版についての情報を少し紹介します。

  • タイトル:「六本木クラス」
  • 放映予定日時:7月スタート 木曜21:00~
  • 放送局:テレビ朝日系列
  • キャスト:竹内涼真、新木優子、平出友梨奈 ほか

詳しい放送開始日や、細かい梨泰院クラス キャスト情報はこれから発表されますが、はやる気持ちが抑えきれません!

まとめ

今回は日本版のリメイクで再び注目されている「梨泰院クラス」の魅力に迫りました。多くの人を魅了し続ける韓ドラの名作が、舞台を六本木に移してどう表現されるのか楽しみですね!